アート紙?コーディング?トンボ?DTP用語は聞き慣れない言葉だらけ……。

DTPにおいて必須ともいえるパソコン

ようこそ印刷業界丸分かり!DTP用語解説全集へ

そもそもDTPとは?

印刷業界のことを少しでもかじっている方なら知っていることとは思いますが、そうでない方からすればそもそも「DTP」という言葉自体に聞き覚えのない方が大半なのではないでしょうか?

DTPとはデスクトッププリプレスの略称で、英語表記だとDesktop prepressとなります。
以前まででいえば、原稿素材を作ることは容易なことではなく、また初校が出るまでに大いに時間を要しました。

しかし、それらの作業を全てひっくるめてコンピュータ1台でやってしまえるのがDTPなのです。
印刷までの時間を大幅に削減し、更には料金の値下げを実現したDTPは印刷業界の革命だったといっても過言ではないでしょう。それ程インパクトのあるものだったのです。

印刷物の通販という新しい風

近年はDTPの利点を大いに活かせるという点も相まって、印刷通販サイトが年を重ねる毎に増えてきている印象を受けます。
試しに様々な印刷通販サイトを使ってはみるのですが、良いところと悪いところの差が非常に激しいです。まさに雲泥の差とはこのこと。
そこで、それらの経験から辿り着いた私が現在愛用している通販印刷サイトのご紹介です。

冊子 印刷のことならすぐスールさんがお勧めです。3時間で納品というキャッチフレーズに魅かれ、試しに注文してみたところ本当にすぐに届いてびっくりしました。私はチラシをお願いしたのですが、冊子に特に自信があるようなので、冊子の注文時にはまた利用してみたいと思います。
カラー 印刷のことならプリントパックさんがお勧めです。あのやけに耳に残るテレビCMでも有名で、知っている人も多いのではないでしょうか?注文していたポスターが届いてまず私が思ったことは、色味が鮮やかだということです。カラーものなら群を抜いている印象を受けます。

他に利用した印刷通販サイトは今の所何処もどっこいどっこいという印象。名前はあえて伏せますが、酷いところは本当に品質も対応も酷かったですね。
他に優良な通販サイトを発見したら随時追記しますので楽しみにお待ち下さい。レポートしていきたいと思います。

ページのトップへ戻る